2009年02月23日

JPA利用時でのプレビュー画面

アプリケーションにて更新機能を利用するときには、実際の更新処理前にプレビュー画面を経由することは良くある。

現在、勉強で作成しているアプリケーションも上記の流れで行っていた。

O/RマッパーにはJPAを使って作成していて、そこで問題が発生。

まず、JPAにて良く紹介されているEntityのライフサイクルを紹介。

image01.bmp

この中でmanaged状態になっているものと、removed状態になっているものがJPAエンジンのフラッシュのタイミングでDBに反映される。

このフラッシュのタイミングが都合の悪い場合がたまにある。早くフラッシュして欲しい場合は明示的にflushメソッドをコールすれば良いのだが、遅らせたい場合に困った。

今回の例だと以下の流れになるのだが、本来Cのタイミングでフラッシュして欲しいのだが、Bのタイミングでフラッシュされてしまった。

@一覧より更新対象を選択
    ↓
A選択されたデータの詳細を編集
    ↓
Bプレビュー画面を表示
    ↓
C更新処理を行う

さて、どうするか。パッと思いついた方法はとりあえずdetached状態にすることだ。

@のタイミングで選択後、clearメソッドにてdetached状態にする。で、そのままA、Bと進み、
Cのタイミングで再び、managed状態にしてみるという寸法だ。

結論から言うと、とりあえずうまく行ったのだけどスマートでない。
しかも、detached状態にするためにclearメソッドをコールするのはどうかと思う。
これでは全てのmanaged状態のオブジェクトがdetached状態になってしまう。

何か、もっと良い方法があると思い再び調査。

どうやら@BeginアノテーションにflushModeというものを設定できるようだ。

元々EntityManagerにはsetFlushModeというメソッドがあり、

javax.persistence.FlushModeType.AUTOと、javax.persistence.FlushModeType.COMMITを指定できる。

大雑把な違いは、クエリーの結果にmanaged状態のものを含めるか含めないかの違いくらいしか認識してない。

そして、@BeginアノテーションにflushModeとして指定できるものは以下のものがある。(パッケージが違うのに注目)

・org.jboss.seam.annotations.FlushModeType.AUTO
・org.jboss.seam.annotations.FlushModeType.COMMIT
・org.jboss.seam.annotations.FlushModeType.MANUAL

AUTOとCOMMITの場合は、結局は内部的にEntityManager#setFlushModeをコールして、AUTOと、COMMITを設定している。

で、Seamはもう1つMANUALというものを用意してくれていて、これが今回求めていたものだった。

これを指定することにより、明示的にflushメソッドをコールするまで、すべての書き込み動作は対話コンテキスト内にキューイングされるのだ。

気をつける点は、@〜Cの流れで通るメソッドの全てに@Begin(flushMode=FlushModeType.MANUAL)を指定しないと駄目なことくらいか?

今までO/RマッパーはiBATISくらいしか使ったことがないので、JPAは斬新で面白いけど、色々躓くなー。


posted by hana at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | JBoss Seam関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。