2010年09月01日

java.lang.OutOfMemoryError: PermGen space

開発していたら、java.lang.OutOfMemoryError: PermGen space が頻発してきたので、

Tomcatのメモリ割り当てを増やそうっと思った。

Linux環境の要領で、setenv.batを作って内容を以下のようにしていた。

set CATALINA_OPTS=-Xmx1024M -Xms64M -XX:PermSize=128m -XX:MaxPermSize=256m

でも、全然改善されない。。。

だいぶ悩んだ挙句に分かったことは、

eclipseのTomcatプラグインで起動するときは、startup.batを使わないっぽい。。。

直接Tomcatのブートクラスをコールするんだってさ〜。

どうりで、setenv.bat作ったって意味がなかったわけだ。

eclipseのTomcatプラグインで起動するときは、

window - 設定 - tomcat - JVMの設定 - JVMパラメータの追加

で、メモリ割り当てが可能。

そういうことで、

-Xmx1024M -Xms64M -XX:PermSize=128m -XX:MaxPermSize=256m

を設定して、試したところ無事に解決〜!

プラグインで起動するときにはstartup.batは使われないってことを知った日でした。


posted by hana at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | JAVA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。