2012年11月14日

IPルーターの構築

えー。初めてIPルーターの構築に挑みました。

普段はルーターに任せて自前で用意することがなかったので^^;

まあ、下記に素晴らしい情報を見つけたのでトライ!!

ちなみに環境はCentOS6

IPルーターなんだけど、eth0(WAN側): 192.168.0.0/24, eth1(LAN側): 192.168.1.0/24 とあった場合、

何もしなければ、192.168.1.0/24配下のクライアントPCはWAN側にアクセスすることが出来ない。

よって、[eth1(192.168.1.2) → eth0(192.168.0.2)] の変換をして、接続可能とするのが目的。

要点は、

・IPv4 フォワーディングを有効にする

/etc/sysctl.conf内の、net.ipv4.ip_forward=0 を net.ipv4.ip_forward=1に修正。

・IPマスカレード の設定

iptablesにて行う。

iptables -t nat -A POSTROUTING -s 192.168.0.0/24 -j MASQUERADE

こんな感じ。

iptables 有効にしたから、FTPは以下のモジュールのロードが必要かな。
(制御ポートとデータ転送ポートが別なので)

modprobe nf_nat_ftp
modprobe nf_conntrack_ftp


下記の2つのサイトの通りにしたら、難なく出来ました。ありがとうございます(_ _)

・ゲートウェイ サーバー構築の参考
http://safe-linux.homeip.net/network/Gateway_Server-01.html

・iptablesの参考
http://blog.akagi.jp/archives/15.html
posted by hana at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301832083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。